老後の年金対策のマンション経営!?知っておきたいこと


マンション経営で賃貸収入を得る

高齢化社会が急速に進む反面、少子化も進んでいるため、将来的に年金を支える若者たちが少なくなり、当初予定していた年金が満額支給されない可能性も考えられるようになってきました。そのため中高年の人の中には、今から年金を補てんできる収入源を確保しようとする動きがあります。そのような背景のもと、最近ではマンション経営に乗り出す人たちもいます。マンションを持っていることでそれ以降家賃収入を得ることができるようになります。

初期投資額が高額になるマンション経営

しかしそのようなマンションを所有するためには資金が必要になります。戸建住宅とは違い大型物件になり、またその分土地の面接も広くなるため投資金額は高額になります。また入居者にとって居住条件のいい場所のマンションを購入しようとすると更に購入金額が高額になります。また中古物件ではなく新たに建築しようとすると更に建築資金が高額になります。その投資金額を借入したり返済することを考えると、若いうちに購入してローン返済をして、リタイアのタイミングで家賃収入が利益になるような計画を立てることも必要です。

リスクがあることを覚悟しておく

またマンション経営を考える場合に、資金計画を策定しますが、その際に発生するリスクも考慮しなければならないのです。例えば賃料収入を考える場合には満室であることを想定しがちですが、実際には空室が発生することもあります。そのマンションがある場所によっても左右されますし、また将来的に近所に最新型のマンションが建築された場合には入居者がそちらに取られて、空室率が高くなる可能性もあります。そのような外的要因によっても収入が思った通りに入らず、返済が長引く可能性もあります。

将来の資産形成のために、今マンション経営をする人が増えています。仕事を退職した後も家賃収入が見込めるので、老後の生活費も安心です。