中古マンションを賢く買うためのテクニック


ニーズに合わせて上手に物件を選ぶ方法

便利な場所でも手ごろな価格で物件を購入できるのが、中古マンションの最大のメリットです。また面積の広い物件もお得な価格で購入可能であり、特にファミリー層が住み替えで購入するケースが多いです。しかし賢く物件を購入するためには、中古マンションの価格にも注目する姿勢が大切です。特に築年数によって価格が大きく異なるのが、中古マンションの一般的な特徴です。したがって購入対象を絞り込むときには、類似した物件の価格などを比較するのがポイントです。

即入居可能な物件の選び方

すぐに入居できる物件を選ぶ時のポイントは、築10年以内の比較的新しいマンション情報に注目することです。しかしリフォーム済みの物件であれば、築30年以上でも安心して暮らすことができます。リフォーム工事が行われている中古物件を選ぶ時の注目点は、水回りをはじめとした設備の状態を丹念にチェックすることです。部屋の配置や収納スペースの広さも調べることで、整理整頓も効率的に行える、質の高い物件を選ぶことができます。

リノベーションを前提にした住まい探し

居住環境にこだわりを持って中古物件を選ぶ人の多くが、リノベーション工事も視野に入れています。リノベーションに最適な物件を選ぶ時のポイントは、改造しやすい構造のマンションを厳選することです。建物の構造がリノベーションにふさわしいことに加えて、管理組合などの規約が緩やかな物件が最適です。また住まいを大規模に改造する場合には、物件価格の半額程度の工事費用を見積もるべきです。費用をかけて自宅を改造することで、住み心地の良い住まいが実現できます。

リノベーションマンションとは既存の建物を部分的に工事するのではなく、新しい機能を付け加えるなど性能を向上させる大規模な工事のことを言います。