賃貸探しをするなら必見!不動産会社の仲介手数料を安く抑える方法


一般的な仲介手数料の相場は家賃1カ月分

進学、就職、結婚など、人生のステージを駆け上がるたびに、住居の引っ越しはつきものです。ただ、できることなら費用をかけずに良い住まいを探したいと思うのが人の常ではないでしょうか。そこで、引っ越し費用の中で安く抑えられる部分はどこなのかを考察してみます。まず、一番抑えたいと思う費用は、不動産屋の仲介手数料なのではないでしょうか。新居の候補となる住まいを数件紹介してもらっただけで、一般的な不動産会社では手数料の相場として家賃の1カ月分がかかります。見方は人それぞれでしょうが、「仲介手数料が無かったらいいのにな」と思った方もいるでしょう。

住みたい物件があれば、仲介料の安い不動産会社で交渉

しかし、仲介手数料は不動産会社の利益として欠かせない収入源であるため、手数料を払わないのはさすがに難しそうです。では、仲介料の無料は無理だとしても少しでも安く抑える方法はあるのでしょうか。結論から言えば、あるとすれば、それは仲介手数料が安い不動産会社で物件を探すという方法です。大手不動産会社の中には、仲介手数料が家賃1カ月の約半分で済むところもあります。実は、不動産会社によって紹介物件のクオリティに差が出ることはあまりありません。高級志向の不動産会社が扱う物件は、一般的な不動産会社でも扱っているケースが多いのです。つまり、住みたい物件さえ決まっていれば、仲介手数料が最も安い不動産会社で「この物件に住みたい」と交渉すれば良いということです。

大家と直接契約できれば仲介手数料が無料に!

これまでは、不動産会社を通じて物件を紹介してもらう場合は大なり小なり仲介手数料がかかるという話をしました。ただし、仲介料がかからずに物件と契約できるというケースが、多くはありませんが存在するのも事実です。そのケースとは、物件の大家と直接契約ができる場合です。例えば、大家が物件を紹介するとともに住人を募集するホームページを運営していれば、サイトを経由して大家と連絡をとり契約することができます。もちろん、大家は不動産会社のサイトでも物件を紹介しているのですが、希望者が不動産会社を経由して物件を契約すると、大家側も不動産会社に手数料を支払わなければならず、借主も大家も損をするという訳です。このような理由から物件の大家が物件を紹介するサイトを運営する例もちらほら存在するので、気になる物件があれば検索をかけてサイトを探してみてはいかがでしょうか。

札幌市中央区の賃貸マンションは、賃貸なので毎月の家賃を払うことによって誰でも気軽に暮らせる魅力があります。